松葉がに漁解禁から2週間

みなさんこんにちは。

11月も終盤ですね、グッと冷え込んで参りました。こちらでは天候が良くない日が続いており、昨日は雪ならぬ「雹(ひょう)」が度々降ってきていました。

さて、116()に松葉がに漁が解禁となり、はや2週間。この2週間の忙しさは、「松葉ガニ解禁」を初めて経験する私にとっては想像を逸脱していました。それまで秋の魚を獲ってきていた船が、みんなカニを獲って帰ってきます。香住漁港がカニで埋め尽くされている光景は「さすがカニの町だなぁ」と改めて思いました。漁師さんも加工屋さんもみんなバタバタと忙しそうですが、でもどこか活気で溢れています。

  

松葉ガニのメスの「セコガニ」も解禁となっています。オスのカニに比べると小ぶりですが、内子や外子、カニ味噌もとても美味しいです。生のまま半分に割ってお味噌汁にした「セコ汁」も良いですね。漁期が12月までですので、今がまさに旬のカニです。昔はこの地域では「おやつ」代わりになっていたらしいセコガニ。大阪や神戸でも置いているお店はあるように思いますが、私たち蔵平水産でも絶賛販売しています!自社で茹であげた「茹でせこがに」冷蔵で出荷しています。みなさんぜひお買い求めください!

※出荷日に関してはセリのない日もありますので、指定日にお届けできない可能性もあります。

11月に入りました!

みなさんこんにちは。

冷え込んでまいりましたね~。体調壊さぬようにしてくださいね。

私たち蔵平水産は香住海岸のすぐ近くにあるのですが、風の強い日などは、事務所にいても波音が聴こえてきます。最近は季節風の影響か、少し波が高い気がします。冬の日本海の荒波の予行演習といったところでしょうか。

さて、蔵平水産では夏のお中元時期、そして冬のお歳暮時期にそれぞれ案内パンフレットを作成し、ご愛顧頂いている皆様宛に送付させて頂いてます。
この冬のパンフレットも、カニや干物をはじめ、たくさんのオススメ、お得な商品を掲載しています。みなさんに見てほしいですし、たくさんの方に蔵平の商品を知ってもらいたいです!

送付ご希望の方は、下記↓「お問い合わせ」にてご連絡ください!すぐにお送り致します!
https://cart0.shopserve.jp/-/kurahei.co.jp/FORM/contact.cgi

さて、忙しい時期になって参りました!
冬の忙しさがどんなものなのか、こちらに来て初めての年末なので、まだわかっていないのですが、出来ることを頑張ろうと思っています。みなさまよろしくお願い致します!

魚箱のお話

みなさん、こんにちは。


今日は漁港での魚箱についてご紹介しようと思います。
「魚と違うのかい」とツッコまれそうですが…。

漁港によってさまざまかと思いますが、香住では魚のセリに使われるのは主に2種類あります。

「元箱」と呼ばれる木箱と「発泡スチロール」です。

発泡スチロールはみなさんご存知だと思いますが、ただ、全国的に魚箱に使う発泡スチロール箱は、底面4か所に穴を開けてあるのが主流のようです。これは箱に氷を敷いてから魚を入れるため、時間がたてば氷が溶け、魚が水に浸かってしまうのを防ぐためです。
因みにこれは「日本海発泡」コチラではこれが主流です。↓

そして「元箱」です。この呼び名は但馬地方だけなのかもしれませんが、何が「元」なのかは不明です…。たくさん漁獲されるカレイやハタハタ、二ギスなどに主に使われています。

ちなみに山ガレイの場合はこんな感じです。↓

ほんとにキレイに詰めてありますよね。
これ、どうやってこんな風に盛り上げて詰められるのか不思議に思います。
この木箱ともうひとつ木枠があって、その2種類で1セットのようなんですが、それにどうやって魚を詰めているのかがわかりません。ネットにも載っていないし…。いつも見るたびに疑問に思うのですが、今度漁師さんに聞いてみます(笑)
ハタハタだとこんな感じ↓(春3月頃に撮った画像です)
あと、発泡スチロールだと積み重ねてひと塊に出来るのですが、この木箱は魚が入ると1箱15キロ〜20キロ以上にもなるので、積み重ねずに地べたに並べます。
漁獲がたくさんあると、この木箱がズラッと並び、まるで漁港の床に「魚のじゅうたん」が敷かれたような光景になります。(想像するとちょっと気持ち悪いですね…(笑)画像は控えておきます)

セリ落とした魚を、木箱ごと持って帰って後で返すこともありますが、たいていは漁港で別の箱やタンクに詰め替えています。この入れ替え作業がやはり重労働ですね…。腰を痛める人も数知れず…、もちろん私もです(笑)

次からは魚の話をします!




「香住ガニ」のお話

こんにちは。

朝夕冷え込んで参りましたが、みなさん秋の夜長をいかがお過ごしでしょうか?

今朝、香住港ではこの瑞々しい朱色のカニがズラッと水揚げされていました。このカゴの数はおよそ450個!

ご存知の方も多いとは思いますが…、今回は、関西圏では唯一ここ香住で水揚げされる「紅ずわいがに」、

通称「香住がに」をご紹介します。

この「香住がに」は兵庫県の「プライドフィッシュ」のひとつで、特に秋から冬にかけてのものが美味しいと知られています。詳しくはこちら↓

http://www.pride-fish.jp/JPF/pref/detail.php?pk=1470119087


「香住がに」はみなさんご存知の「松葉がに」に比べて味が劣ると考えがちですが、

実は茹でた後の身の甘さは松葉がによりも美味しい!という方も多いんです。

そして何といっても松葉がによりも「リーズナブル!」


…と大きな声で叫びたいところですが、今はなかなかそうも言い難い状況なのです…。


…と言いますのも、紅ズワイガニと松葉ガニの自然交配で生まれた「幻の黄金ガニ」なども話題となっているように、漁が解禁となった9月からテレビなど、メディアでたくさん「香住がに」を取り上げてもらっていたにもかかわらず、このところの長い天候不順で出漁が少ないことなどから、今、セリでは例年に比べ、とても高値で取引されているのです…。

 

これから先、どのような漁模様になるかは誰もわかりませんが、出来るだけたくさんの人に

「香住がに」を味わって貰えるよう、好漁を願うのみですね。


※「香住がに」は当通販ショップでは取扱いがありませんが、蠡∧真綮困療絞淺門

海鮮マーケット『海の蔵』http://www.kurahei.co.jp/shop/ へ、

お電話かFAX(0796-36-4601)にて、お問い合わせ頂ければ、ご予算に応じて対応可能です。


通販ショップ『海の蔵』店長 池本

ネットショップ限定発売!売切れ次第終了です!

こんにちわ!


仲秋の名月も終わり、秋がさらに深まってくる今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

香住では先週三番叟(サンバソウ)と呼ばれる伝統行事が各地区で行われ、神輿や神事で大人も子どもも大忙しでした。

今、香住漁港では香住ガニを始め、ハタハタエテカレイなど秋の味覚もどんどん水揚げされています。
中でもセリ場でひときわ輝いているのはノドグロ!です。
某プロテニスプレーヤーがCMで食べていたのをきっかけに、今やすごい人気となっています。


そこで蔵平水産でも、この大人気のノドグロを新鮮なうちに開き、一夜干しして旨みを凝縮させ、一尾ずつパックしました!

今回はこれを3枚セットにした
「ノドグロ一夜干し(中)3枚入」

こちらを 通販ショップ「海の蔵」
インターネット限定販売!します。

ノドグロは「中」サイズでも脂のりは抜群です!

無くなり次第終了ですのでみなさんお早めにお買い求めください!

皆さま 初めまして

みなさま初めまして。

ネットショップ「海の蔵」担当の「池本」と申します。

今年の1月に、大阪から香住に移住して参りました。魚に直接関わる仕事がしたいと思い、2月から蠡∧真綮困砲世話になっています。

香住に越してきて23日後、数時間で50儷瓩積雪した日がありました。さすがにあの時は驚きましたが、春、夏はとても過ごしやすく、また海沿いの景色も素晴らしく、いいところに来たな〜と思っています。

最初は慣れなかったこちらでの生活も、あれやこれやと早くも半年が過ぎ、もうすぐ秋です。底曳船の操業開始や香住ガニ(ベニズワイガニ)の水揚げも解禁されました。香住の町に少し活気が出てきたように感じます。冬本番を告げる、松葉ガニの解禁まであと1ヶ月ちょっと。現在は皆さんにお配りするDM(案内状)を製作中です。今年も豊富なラインナップをご用意しておりますので、楽しみにしていてください。

では。

ネットショップ「海の蔵」  担当  池本 大志


ページトップへ